海外の全身脱毛

海外の全身脱毛

日本では全身脱毛は一般的でないにしろ、脱毛は最低限の身だしなみとも考えられていますね。逆に脱毛されていない人を見ると、身だしなみについて気を遣っているのか気になってしまうくらいです。場合によっては印象に大きく影響し、人間関係が良好に築けないこともあるでしょう。このような状況ではありますが、果たして海外では脱毛に対してどのような考え方をもっているのでしょうか?ここでは代表的な土地から紹介をしてみましょう。

アメリカでは日本よりも脱毛は進んでおり、全身脱毛はもちろん、世界でも脱毛の先進国とも言われているくらいです。考え方は日本よりも厳しいようで、脱毛がなされていなければマナーに反するとまで考えられています。脱毛方法はワックスによる脱毛が多く、美容室でも気軽にできるというから驚きです。また、全身脱毛までいかなくともアンダーヘアの脱毛も浸透しており、身だしなみとして手を加えることは当たり前のようです。同様に男性についても脱毛は最低限の身だしなみとして行なわれています。

同様にヨーロッパはもともと脱毛習慣はごく一部だったものの、モデルや公の場に出る方は脱毛を行なっているようです。習慣は地域性があり未処理が当たり前という地域もあるようです。宗教が大きく影響し脱毛を一環として行なっているところもあります。中東地域で男女どちらも脱毛を行なっています。逆に全く脱毛を行なわないのは中国ですが、最近では都心部を中心に広まってきているようです。

関連記事

  1. VIOとは何?
  2. 上半身と下半身の脱毛方法
  3. 男性の全身脱毛はある?
  4. 毛周期とは何?
  5. 全身脱毛はいつから行なっている?